大阪・あべの・ネパール料理とシンキングボール。大阪阿倍野区のわのわカフェ ネパール雑貨

TEL 06 - 6633 - 8739
定休日:第2第4月曜日
営業時間
月: 10:00-17:00
火~木: 10:00-19:00
金~日: 10:00-21:00

わのわカフェのいりたてコーヒー自慢

2012/01/10

             

わのわカフェの一番の売りは、なんといってもいりたてのコーヒーです。
いりたてコーヒー
ひきたてのコーヒーはあたりまえ。
うちは「いりたて」のコーヒーですよ。
豆がいりたて なんです。
いや~、うちもいりたてのコーヒー豆買ってる!という方。
いりたてというのは1週間までの話です。
豆はコーヒーチェリーという果物の種なんです。
その種を加熱していただく、つまり米をたいて食べるのと同じです。
ごはんを炊きたてで食べるのが一番であるように、
コーヒーも、体内に入るもの。
いりたてが一番に決まっています。
2年もたったコーヒー豆は、酸化して腐敗、酸敗してしまっています。
そんなコーヒーをどうしてなんの疑いもなく体内にいれてきたのか???
おかしいと思いませんか??!!!!
どうしてコーヒーは食品なのにタバコと同じ嗜好品で、
市販のコーヒーは賞味期限が1~2年もあるのか?
おかしいと思いませんか?!!!!!!
それはコーヒーが一部の大手コーヒーメーカーに独占的に支配する日本において決められた
経済効率を最優先された賞味期限だからです。
「コーヒーを飲んだら頭がいたくなる」
「コーヒーを飲むと胃が痛くなる」
「ふらふらする」
これらはすべて、酸敗したコーヒーを飲んでいるからです!
わのわカフェオープンに際して、コーヒーの勉強をはじめてすぐに
これらの事実を知り、びっくりしました。
私もコーヒーを飲むと頭がいたくなって、胸が苦しくなっていたからです。
そういうものかと思ってました(苦笑)
でも、いりたてのコーヒーを飲むと全然しんどくならないのです。
こんなに身近な飲み物、コーヒーの事を何にも知らない私たち!!!
というわけで、わのわカフェでは、生豆を自家焙煎しております。
「いってから7日以内、ひいてから3日以内、たててから30分以内のコーヒー」
しかお出しいたしません。
お客様に少し時間を頂いて、いりたての豆をひいて、丁寧にコーヒーをお出しいたします。
どうぞ気長に待ってやってくださいね。
ほんっっっっとに味と香りが違います。
これが、古代より「不老長寿の秘薬」とされてきた、本物のコーヒーなのです。
目からウロコですよ。
わのわカフェのこだわりはほかにも「強アルカリ還元水」、
電磁波を出さない「ドイツ製電熱器」、
身体に優しい素材に徹底的にこだわったベジタリアンファーストフード「わのわ巻」、
店でもネットでも置いてない、買えないものがいっぱいの、
ネパール・カトマンズの手工芸職人の街タメルから直送の手作り雑貨。
よそでは手に入らないネパールのCDなど、いっっっぱあああい、あります。
徐々にご説明していきますね。
さて今日から、明日のために、やさいたっぷりの「わのわカレー」を煮込んでご用意しております。
野菜たっぷり、栄養たっぷり!身体がぽっかぽかです。
どうぞお楽しみに!!!!

一覧へ