大阪・あべの・ネパール料理とシンキングボール。大阪阿倍野区のわのわカフェ ネパール雑貨

TEL 06 - 6633 - 8739
定休日:第2第4月曜日
営業時間
月: 10:00-17:00
火~木: 10:00-19:00
金~日: 10:00-21:00

きっとあると思うねんな、お互いにハッピーになる方法

2011/10/21

             

カフェの看板に何を書こうかな、、、
で、ふと思い出したこのセリフ
『おいしいお菓子がございます。
 お茶も沸かしてございます。』
**
『泣いた赤鬼』 浜田廣介
とある山の中に、一人の赤鬼が住んでいた。赤鬼はずっと人間と仲良くなりたいと思っていた。
そこで、
「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。
 おいしいお菓子がございます。
 お茶も沸かしてございます。」
という立て札を書き、家の前に立てておいた。
しかし、人間たちは疑い、誰一人として赤鬼の家に遊びに来ることはなかった。
赤鬼は非常に悲しみ、信用してもらえないことを悔しがり、終いには腹を立て、
せっかく立てた立て札を引き抜いてしまった。
一人悲しみに暮れていた頃、友達の青鬼が赤鬼の元を訪れる。
赤鬼の話を聞いた青鬼はあることを考えた。
それは、「青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。そこへ赤鬼が出てきて、青鬼をこらしめる。そうすれば人間たちにも赤鬼がやさしい鬼だということがわかるだろう。」という策であった。
これでは青鬼に申し訳ないと思う赤鬼だったが、青鬼は強引に赤鬼を連れ、人間達が住む村へと向かうのだった。
そしてついに作戦は実行された。青鬼が村の子供達を襲い、赤鬼が懸命に防ぎ助ける。
作戦は成功し、おかげで赤鬼は人間と仲良くなり、村人達は赤鬼の家に遊びに来るようになった。
人間の友達が出来た赤鬼は毎日毎日遊び続け、充実した毎日を送る。
だが、赤鬼には一つ気になることがあった。
それは、親友である青鬼があれから一度も遊びに来ないことであった。
今村人と仲良く暮らせているのは青鬼のおかげであるので、赤鬼は近況報告もかねて青鬼の家を訪ねることにした。しかし、青鬼の家の戸は固く締まっており、戸の脇に貼り紙が貼ってあった。
それは
「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。
もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。
それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。
さようなら、体を大事にしてください。ぼくはどこまでも君の友達です。」
という青鬼からの置手紙であった。
赤鬼は黙ってそれを2度も3度も読み上げ、涙を流して泣いた。
その後、赤鬼が青鬼と再会することはなかった。
**
こんな去り方されたら、赤鬼はたまったもんじゃないよなーーーー
一生後悔するやん。
もっとお互いにハッピーになれる方法はなかったんかいな。
青鬼が「黄鬼」とか別のものに扮して第3の敵をつくるとか。
2人で鬼ダンスなどを踊って村人を笑わせて仲良くなるとか。
きっとあるはずやと思う。
まあそれにしても、
赤鬼さんの「お客さんに来てもらいたい、楽しんでもらいたい」という想い、
青鬼さんの、赤鬼さんをハッピーにしてあげたいという気持ち。
青鬼さんは赤鬼さんさえハッピーになってくれたらよかったんだね。
切ないなあ。
もし私が彼らのそばにいたら、2人ともハッピーになる方法を探したい!
ってまた脱線してしまった。
こうしてカフェの準備は遅々として進んでおります(笑)

一覧へ