大阪・あべの・ネパール料理とシンキングボール。大阪阿倍野区のわのわカフェ ネパール雑貨

TEL 06 - 6633 - 8739
定休日:第2第4月曜日
営業時間
月: 10:00-17:00
火~木: 10:00-19:00
金~日: 10:00-21:00

「わのわカフェ」開業への道、、、看板依頼先決定!

2011/10/19

             

わのわカフェ、12月1日にオープンを目指します!!!!
、、、さて、なんといっても先立つものはお金です。
私のように、貯金がないけど店をはじめたい!という人のために、
「国民政策金融公庫」というものがあります。
すばらしい、、、、
なんと、企画書や見積書を出して審査が通れば無担保・無保証でもお金を貸してくれるのです。
開業したい人は、創業計画書というものを書きます。
これに「洋風居酒屋チェーン」の場合の記入例がついています。
毎月の売り上げ計画なども数字で記載されていて
他人の家計を覗き見してるみたいな気分。。
計画を立てる上でとても参考になります。
この記入例をゲットできただけでも、よかったと思う!
創業計画書にはセールスポイント記入欄があります。
ここが大事なんですよね。
わのわカフェのセールスポイント、なんだろう?
どんな店にしたいのか?
今日は知り合いの知的障害者作業所コーナスさんに遊びにいってきました。
民家をおもしろくリフォームされたとのことで、観に行ったら、、ふむふむなるほど!
入口にウッドデッキがあって車いすで出入りしやすくなってる。
部屋の中はいくつかの部屋がぶちぬかれて広間になっていて、大きなテーブルが真ん中にあり、
みなさんがまわりに座っています。
天井から半分に割った竹が吊り下がっていて、蛍光灯がはまりこんで風流な感じ。
その時はちょうどお習字の時間で、筆と色ペンをつかったユニークな作品が出来てました。
そしてなんといっても眼をひいたのが、マコトさんの羊毛の立体造形作品!
ひとめぼれです。
数々の美術館でも展示されているそうですが、すごいかわいいしユニークで大好き!
ひとつ作品を買わせていただきました。
(名前は「目ぇ ボーーン」です。この時期だけの作品だそうで、今はまた違った作風になっているそう。
 また、いまは羊毛を使った作品を作られているマコトさんですが、いつまた違う方法に変わるかわからない。
 なんだかいいでしょ!)
IMG_0683.jpg
わのわカフェの看板も、こんなテイストでマコトさんたちに作って頂くお約束をして帰ってきました。
きっとすごく楽しくてユニークな看板ができることでしょう!
写真は、マコトさんの作品を補正する、知人でコーナス経営の白岩明子さん。
いつも明るくって、感性が豊かで、めちゃすてきなひとです。
IMG_3443.jpg
カフェで使う陶器類も、住吉の作業所さんで作ってもらおうと思っています。
手作りのあったかい感じの、同じものがふたつとない陶器で、お茶を飲みたい!
あーーーーいろいろと決めていくのって楽しい!
明日は何を決めようかなーー
わくわく
(これから抱える大きな借金のこと忘れてる。あぶない。。。。。)

一覧へ